新しく開園する保育園の家具づくり 企業主導型保育事業 

この秋は、新しく開園する2つの保育園の家具作りしました。

DSC062552つとも企業主導型保育事業で認められた保育園でした。企業主導型保育事業とは、企業(事業所)が主導して設置する保育園で、企業で働いている労働者のお子さんだけでなく地域の子どもたちも保育の対象になります。

政府は、認可園でなくともこうした園に待機児童対策の一環として補助金を出してくれます。

一つは、川崎市中原区にある30人規模の保育園です。マンションの1階をリフォームし、床はパインのフローリングで、お作りしたのはひのきのロッカーやイス、テーブルなどです。お部屋は木の香りがいっぱいです。

DSC06367

ヒノキでつくったコーナー棚

ヒノキでつくったコーナー棚

区切りのないワンフロアの部屋で、家具類にはキャスターをつけました。

キャスター付き 9マスロッカー  幅900 高さ1100(キャスター含む) 奥行き440

キャスター付き 9マスロッカー
 幅900 高さ1100(キャスター含む) 奥行き440

キャスター付き 道具いれワゴン 幅900 高さ770 奥行き440

キャスター付き 道具いれワゴン
幅900 高さ770 奥行き440

キャスター付き おもちゃ棚 幅900 高さ1100(キャスター含む) 奥行き440

キャスター付き おもちゃ棚
幅900 高さ1100(キャスター含む) 奥行き440

ほかにもテーブルとイスは、飯能市産の西川材ヒノキを使ってお作りしました。

ひのきテーブル 幅1200 奥行き600 高さ400

ひのきテーブル 幅1200 奥行き600 高さ400

このテーブルは脚をたたんで収納できます。

脚は金物を使って折ります。

脚は金物を使って折ります。

テーブルを運ぶためのワゴン 

テーブルを運ぶためのワゴン

イスはヒノキでスタッキングチェアを作りました。

ヒノキのスタッキングチェア 座面高 左から280㍉ 240㍉ 200㍉ 165㍉

ヒノキのスタッキングチェア
座面高 左から280㍉ 240㍉ 200㍉ 165㍉

ヒノキのスタッキングチェア

ヒノキのスタッキングチェア

都会の住宅地の一角にある保育園。でも部屋の中は木の香りいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です